一望百景 効果

【一望百景】目の疲れに最適。売上200万袋突破の効果

 

アイサプリとして抜群の人気を誇る一望百景の効果とは何があるのでしょうか?

 

実際売上げは200万袋を突破している商品です。(2016年6月時点)

 

200万袋というと、リピーターが10回連続買ったとしたら約20万人は最低でもいるという計算になります。ですが、それは大げさなので恐らく新規で買う人の方が多いはずなので少なくとも約50万人の人は購入を経験されているという計算になります。

 

この一望百景の有名な効果をシンプルに述べると「目の疲れを和らげる」。このように表現ができます。
状況をイメージして考えていくと、

・パソコンで2〜3時間にらめっこでタイピングした時
・長時間、遠出で運転をした時
・書類を書いている時
・新聞を読んでいる時
・集中して細かい作業をしている時
・仕事や家事でテキパキ行動しながらいろんな物を見ている時

 

… 要するに… ほとんど今の現代では誰もが必要として当てはまる商品であるということです。

 

ですが、ただ単に”目に良いアイサプリ”だけでは200万袋も売れるはずもありません。

 

ポイントは大きな特徴があるからです。

 

一望百景の効果の秘訣

 


通常:目に良い果物や野菜と思い浮かべるとすると真っ先に浮かんでくるのが
ブルーベリー
これが一般的な人に聞いても9割以上の人が答えると思います。

 

 

確かにブルーベリーは目に良いと色々な雑誌やメディア、医師たちが昔から答えているのでこれに関しては間違いのない事実であると言えます。

 

では、この一望百景にも当然ブルーベリーが使用されているだろうと思うと思います。
しかし、ブルーベリーを使用してはいません。

 


何を使用しているかと言うと、
紅いも
えっ?と思う人が圧倒的に多いと思いますが、
一望百景のメインで効果の秘訣が紅芋にあります。

 

その理由は…
豊富なアントシアニンの量です。

 


*アントシアニンの量の比較ではなく、加熱前と後の残量のグラフ

 

上記はラズベリーとの加熱前と加熱後比較ですが、こちらも目に良い成分として知られています。
まずアントシアニンとは、ブルーベリーの目に良い成分としても知られているポイント的な成分で、
この役割が

 

・毛細血管の保護や強化
・血行促進

 

などが挙げられ、目に良い成分の秘訣と理由です。

 

これが非常に優れている点が挙げられます。

 

上記はラズベリーとの比較ですがアントシアニンの含有量はラズベリーと比較すると
ブルーベリーの方が2倍以上あると言われています。

 

ただ、ブルーベリーと紅芋のアントシアニン含有量を比較すると
紅芋の方が約4倍ほど多く含まれていると言われています。

 

このため”アイサプリ”として人気が非常に高いのです。

 


さらに、もう一つの秘密がルテインと呼ばれるもの。

 

この効果は主に”紫外線やブルーライトなどの強い光を吸収する性質がある”と言われる成分でこの成分が非常に多く含まれています。

 

そして、これは加齢と共にどんどん減少していき、40代では3割減。60代では半減。このようにどんどんなくなります。(比較は20歳の時点)

 

なのでルテインは非常に重要な成分なのですが、これを20mg更に加えて製品として一望百景は作られています。

 

 

 

 

上記のような理由で一望百景は非常に人気が高く、
一時は一世を風靡したブルーベリーサプリよりも注目を浴びているのがこの理由になります。

 

 

加齢と共に疲れ目やかすみ目、ぼやけ目など目の疲れ、衰えなどを酷く感じている人は一望百景のアイサプリは非常におススメな商品です。

 

 

トップページへ